スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら、ビスタ

久しぶりの更新で気合いを入れすぎて、あとで読み返してみたら身体や心の
 こととは一切関係のないものになってしまいました!
 でもせっかく書いたので更新します。よかったら読んでください。



車を替えました。

買ったのは去年いろいろなことで話題をさらったアノ車。
ミーハーなもので(笑)。奥さんの意向もありますし。

前の車、TOYOTAのビスタが購入して13年が経ちましたので
エコカー減税が満額もらえるということで、思い切って
買っちゃいました。

ビスタは私が13年間乗っていたのではなく、母のお古です。
我が院を開院した3年前に譲り受けました。

譲り受けたときにはすでに地球を2周できるくらいの走行距離で、
最終的にさらに2周できる距離、つまり計160000㎞を超えていたのです。
母が10年かけて走った距離を、私は3年で走ったという(笑)。

桐生のような片田舎の王道のような街では車は生活必需品です。
私は埼玉の熊谷に住んでいますので、車がなければ出勤することも
できません。電車では時間がかかる…

熊谷から桐生までは国道17号経由で約40㎞。
時間にして一時間と少しかかります。
往復すると80㎞、映画が一本観られる時間を車の中で過ごしています、
毎日、エブリディ。

それにしてもビスタはよく私を支えてくれました。

3年前、不安と希望を胸に開院したあの頃、免許を取得して
すでに7年もの月日が経っているにもかかわらずペーパードライバーで、
車というものに全く興味がなく、もちろん運転などには微塵も興味が
なかった私に、車の怖さと楽しさを教えてくれたのがビスタでした。

狭い曲がり角があれば車体のサイドをこすりまくり、
ちょっとしたよそ見をした隙に縁石に乗り上げたものでした。
挙句の果てにはバックで電柱に激突し、ボディをヘコませたこともありました。

そんな危ういドライビング・テクニカル・ファンタジスタな私も
休みの日になると彼女(妻)と一緒によくドライブをしました。
日光、軽井沢、那須…いろいろな場所にいきました。

遠距離恋愛だった私たちは、ドライブが終わると埼玉の久喜駅でお別れ。
サザエさんを観終わったときに感じるような、日曜日の夜の寂しさに
ひたっている私を、ビスタは安全に桐生まで運んでくれたものです。

そして妻にプロポーズしたのもビスタの中でした。
「結婚しよう」「うん、いいよ」
10年も付き合って、いまさら言うのもアレなんだけど…という感じに
テレている私たちを、優しく包みこんでくれたビスタ…
もっとも、あとで奥さんが言うには、
私はそれより以前にプロポーズしていたらしいのですが(笑)。
関係ない話ですが、うちの父のプロポーズは
「結婚しないと殺す」だったらしい(笑)。

ビスタとの最後のお別れはあっけないものでした。
ディーラーにカギを渡し、新車のカギを受け取る、これだけ。
新車の美しさときらびやかさと性能の良さに胸を躍らせていた私は
去りゆくビスタの、ヘコんだボディの後ろに手を振ることもなく…

去りゆくものあれば巡りくるものあり。
さよなら、ビスタ。
よろしく、プリウス

群馬県桐生市のリフレクソロジー・整体院”サロン ド シンメトリー たかせい
サロン・ド・シンメトリーたかせい「リフレクソロジースクール」のご案内

ご協力下さい!↓
にほんブログ村 健康ブログ リフレクソロジーへ

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。