スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三方良し

私に心理カウンセリングを教えてくれた先生が
被災地で心のケアをしているそうです。

http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20110404000079

とても有意義な活動となるでしょう。

実は私もこのカウンセリング研究会に所属していまして、
被災地カウンセリングのお誘いがあったのですが
今回は見送りました。

「人の役に立つなら自分の仕事減らしてでも行っていいんじゃないか?」と
ある方に言われました。
私自身、とても関心があり、研究会に電話してどのような形でやるのか
どうやっていくのか、どこに泊まるのか、などを聞いて、
「いきたい!」という気持ちを募らせました。

しかしながら、私が仕事やプライベートでテーマのひとつとして
掲げている価値観と衝突してしまうのが見えているので
その方の説得に応じることはしませんでしたし
自分の中の情熱も鎮めました。

そのテーマとは「三方良し」ということ。

この言葉は上記のリンクをクリックすると出てくる
私の先生に教えてもらいました。

「売り手よし、買い手よし、世間よし」
というのが三方良しの意味。

日本三大商人のひとつである近江商人が、いかにして
他の地方より抜きん出て商売がうまくいったか、
そのモデルを言語化したのが、この「三方良し」の精神。

商売のみに適応されるのではなく、生活のあらゆる場面で
この言葉を反映させると、様々な閃きが生まれます。

自身の心に当てはめてみても、とても役に立つ。

つまり私が「被災地カウンセリングは見送った方がいい」
と思ったのはこういうことです。

(売り手)いきたい・この目にやきつけたい  …… Good
(買い手)被災地の人が癒されるかもしれない …… Good
(世間) お金にならないし最近休みすぎ   …… Bad

やってみたいことがあるけど、それを引き留める何かがある…

NLPではこれを「エコロジカルチェック」といっています。

「エコロジカル」とは「周りの環境に配慮しているか」ということ。
つまり自分がやりたいことを達成することによって
「失うものが大きいかどうか」
「自分の中に違和感はないか」
「周りのだれかを傷つけないか」などを
チェックすること。

やりたいことをなすためのゴールの設定条件には、
このチェックはかかせないものです。

自分だけが良くても×
相手だけが良くても×
他の人が幸せになるだけでも×
全ての人が得をして、納得して、幸せになる…

簡単なことではないかもしれませんが、三方が一致したとき
大きな力を発揮するんじゃないかな、と思います。

群馬県桐生市のリフレクソロジー・整体院”サロン ド シンメトリー たかせい
サロン・ド・シンメトリーたかせい「リフレクソロジースクール」のご案内

ご協力下さい!↓
にほんブログ村 健康ブログ リフレクソロジーへ

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。