スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔のゆがみと臓器

整顔を施術していると色々と興味深い。

ほとんどの人の顔は、ゆがんでいます。

そのゆがみ方によって、その人の疲れやすい臓器が
ある程度推測できます。
というか、疲れやすい臓器によって顔のゆがみ方が
変わっていきます。

あるとき、20代~30代の女性が整顔を受けに来院されました。

その方の顔をよく見てみると、顔の左半分が広く見えて、
右半分が狭く見えます。

これは、と思い、施術後に試しに聞いてみました。

「○○さん、最近胃の調子はいかがですか?」
「私、胃の絨毛が溶けているらしいんです。」

とのこと。
健康診断だか人間ドックだかで分かったそうです。

顔の左右のゆがみは、多くの場合、消化器系の不調を意味します。
顔だけでなく、胴体の左右のゆがみも。

消化器系のみならず、泌尿器系なら泌尿器系の、
頭脳系なら頭脳系のゆがみ方があるのです。

もちろん、強くぶつけたり、交通事故にあったり、など
外部からの影響で顔がゆがんでいる場合は別です。

また、吹き出物が出ている場所や顔色(青、赤、黄色、白、黒)などでも
疲れている臓器がある程度判断できます。
お化粧を念入りにされている女性の方は…別です(笑)

顔は身体の縮図である、と身体均整法では言っています。
健康状態は顔にも如実に表れます。

群馬県桐生市のリフレクソロジー・整体院”サロン ド シンメトリー たかせい
サロン・ド・シンメトリーたかせい「リフレクソロジースクール」のご案内

ご協力下さい!↓
にほんブログ村 健康ブログ リフレクソロジーへ

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。