スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休業日のご案内と、花粉症

休業日のご案内です。

3月23日(金)
  29日(木)30日(金)

4月 6日(金)
  16日(月)17日(火)

NLP関係のイベントと、オステオパシーの技術向上のため
お休みをいただきます。

久しぶりの更新うんねんは割愛して。。。

さて、花粉症の季節がやってまいりました。

花粉症…つまり花粉アレルギーですね。

アレルギーとは、特定のモノに対して免疫が過剰反応する病態、のこと。
別に反応しなくてもいいのに、免疫系が余計に反応しているわけです。

誤解をおそれずにいえば、「身体が間違っている」ということです。

一説には、赤ちゃんのときに周囲の環境が衛生的すぎる(きれいすぎる)と
アレルギーを起こしやすいと言われていますが、医学的にはまだ
解明されていないのが実態のようです。

また、腸が炎症をおこしていたり、
抗生物質の摂取などで、腸壁が薄くなっていたりすると
起こりやすいとも言われています。

ということは、腸内環境が整っていると
花粉症の症状も緩和される可能性が高い、ということ。

そこで私がオススメしたいのが、ヨーグルト……ではありません。

当院ではヨーグルトなどの乳製品は、一切オススメしません。
もちろん牛乳も。

というのは、乳製品を多く摂っている人ほど、不調の人が多いからです。

乳製品はまず、多くの日本人の身体に合いません。
耐性がないのです。

耐性がない、というのは「消化がうまくできない」ということ。

さらに、ホルモン系の異常を起こしやすいです。

PMSや不妊症など、副腎系や卵巣系の不調はもちろん、
甲状腺の不調をも起こし、バセドウ病やハシモト病、
意外なところでは、骨粗鬆症の原因にもなります。
(乳製品を多く取っている国ほど、骨粗鬆の人が多いと言われています)

乳製品を筋反射テストなどで調べてみると、必ずといっていいほど、
「摂らない方がよい」という反応が出ます。

牛乳は仔牛が飲むためのものです。
摂るのであれば、「健康」のためでなく
酒やタバコと同じように「嗜好品」として味わうのをおすすめします。

おっと、話題がそれた(笑)
つれづれなるままに綴っておりますゆえ(笑)

腸内環境をよくするのには、オメガ3脂肪酸の摂取がオススメです。

オメガ3脂肪酸は、炎症に効果絶大です。
から揚げやステーキなど、身体をサビさせるものを控えて、
代わりにアマニ油、エゴマ油、シソ油などを多く摂るように
すると、花粉症の症状を抑えるだけでなく、ホルモンや脳や心臓の
働きもよくなってきます。
ダイエットにも○

さらにナチュラルハイジーンを実践すれば、症状はかなり楽になるでしょう。

当院では花粉症などのアレルギーに特化した「アレルギー調整」という
メニューがあります。
「いままでお花見なんてしたことがないのに、今年は行けた!」
という嬉しいフィードバックを去年いただきました。

30分3000円と、受けやすくなっております。

ぜひ。

群馬県桐生市のリフレクソロジー・整体院”サロン ド シンメトリー たかせい
サロン・ド・シンメトリーたかせい「リフレクソロジースクール」のご案内

ご協力下さい!↓
にほんブログ村 健康ブログ リフレクソロジーへ

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。