スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮膚とアマニ油

じんましんや帯状疱疹、アトピー性皮膚炎などの皮膚の不調は、
副腎に原因があることが多いです。

副腎は左右の腎臓の上にあります。
泌尿器としての働きと、内分泌系の働きをしております。
精神にも深く関わっております。
副腎が分泌するアドレナリンという神経伝達物質は有名ですね。

しばしばクライアントさんに「副腎の不調がありますね」と言うと、
「あの~副腎てなんですか?」とおっしゃる方がたくさんいます。

ホルモン系の病気がある方は副腎についてよく知っておられますが、
一般の方には認知度が低いのかもしれません。
「副」がつくだけに。

で、皮膚、というか副腎に不調がある方は、
ぜひともアマニ油を摂取してください。

アマニ油2

アマニ油はオメガ3系の脂肪酸を多量に含んだ油。
オメガ3系脂肪酸は身体には必要不可欠でありながら
普通の食事を摂っていてもなかなか摂取できません。

青魚にはDHAやEPAなどのオメガ3系脂肪酸を含んでおります。
しかし、アマニ油も同様ですが、熱し過ぎるとトランス脂肪酸に
変化しますのでお気をつけください。

トランス脂肪酸は細胞のガン化を促進します。
青魚を摂るならお刺身など、生でお召し上がりください。

私たちは普段の食事ではオメガ6系脂肪酸を摂りすぎのようです。
フライや肉の油はオメガ6系脂肪酸で、炎症を促進させます。

オメガ3系脂肪酸には抗炎症作用があります。
さらに、肌もキレイにします。

ほかにも、血液の凝固を抑えたり、ホルモンを正常化させたり、
たくさんの恩恵があると言われています。

主に副腎、卵巣、心臓、肝臓がお疲れの方にオススメです。

当ブログではアマニ油を何度か紹介しました。
HPとブログをご覧になってご来院くださった方に「先生、アマニ油ください」と
言われたこともありましたが、当院では販売しておりません。
また、業者さんからのマージンもいただいておりません(笑)

アマニ油は大きめのスーパーの油コーナーで販売しています。
私の調査では、小さいところだとほとんど置いてありません。

桐生近辺では、ヤオコーには置いてあります。
(ヤオコーのステマwマージンはいただいておりませんw)

私は普段は熊谷の西友で買ってます。

↓西友で売っているアマニ油。

アマニ油1

それか、自然食品のお店など探してみるとあるかもしれません。
というか、ネットで売ってる(笑)

ぜひぜひ。

群馬県桐生市のリフレクソロジー・整体院”サロン ド シンメトリー たかせい
サロン・ド・シンメトリーたかせい「リフレクソロジースクール」のご案内

ご協力下さい!↓
にほんブログ村 健康ブログ リフレクソロジーへ

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。