スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8期台湾式リフレクソロジー初級コース、開催!

来週金曜日(6/8)より、
第8期台湾式リフレクソロジー初級コースをはじめます。

8期まで来ました。
2007年から、何度も「今期で終了かな」という危機を迎えながらも、
なんとか続けてこられました。

群馬県桐生市という、言っちゃアレですが片田舎の王道のような街で、
しかも当院のような何の後ろ盾のない、小さな個人店でこれだけの長さと回数を
やってこれたことは、まさしく奇跡だと思っています。

今期は2名での開催になりそうです。
希望される方がいらっしゃればもっと増えます。
興味のある方は、ぜひご連絡をください。
こちらから

2名という数字が少ないと思われる方もいるかもしれません。
しかし2名だからこそ、より学びの深いコースになるでしょう。

私がコースをやっていくときに最も大切にしていることが
楽しむことと、楽しんんでもらうこと。
これがほとんどで、残りは練習。

当然楽しいだけで技術がおろそかになるようなことがあってはいけませんが、
楽しみながら学習すると、その記憶は長期記憶として根付きます。

多くの方が中学や高校などのテストの前に「一夜漬け」というものを
体験したことがあると思います。
一夜漬けのような焦りながらの勉強は、その労力の割には、残念ながら
将来的な学習としてはほとんど効果がありません。
いわゆる短期記憶になってしまいがちなので、すぐに忘れてしまうのです。

楽しいということは、強い関心を持つこと。
強い関心があれば、集中することが容易です。

おいでくださるクライアントさんで、
「先生、私の息子、勉強できないんですよ~集中力がなくて。
プラモデルばっかり作ってるんですけど、勉強させる方法ありますか?」
とおっしゃられる方がいました。

まるで少年時代の私のようだ(笑)と思いながらも、以下のように言いました。

私「プラモデル、何時間くらい作っているんですか?」
ク「ご飯の時間になってもやってるから、だいたい3時間くらい…
  私が叱るまでやってるんですよ~」
私「息子さんはすごい集中力を持ってるじゃないですか」
ク「なんでですか?」
私「プラモデルに3時間も集中できるんでしょ?」

楽しいことなら何時間でものめり込むことができるのです。
逆にいえば、この息子さんの場合、勉強に楽しみを見出せないので
すぐに投げ出してしまう。
勉強をしている間にも、プラモデルの方に意識が集中していくのでしょう。

勉強が苦痛だと子供が思ってしまうのは、知的探究心の強い子供でもない限り、
学校での学習の方法が楽しくないからです。

ある人に「楽しくないことをするのが、勉強だ」と言われたことがありますが、
少なくとも生きる時間は限られているのだから、楽しみながら楽しませた方が
有意義な人生じゃないかと、私は思います。

私はあらゆる教師・トレーナーは、エンターテイナーであるべきだと言いたい。

ただし、笑わせるだけが楽しませるということではないし、
人それぞれ楽しいポイントだって違います。

そのバランス感覚を研ぎ澄ませながら、第8期もやっていきます。

群馬県桐生市のリフレクソロジー・整体院”サロン ド シンメトリー たかせい
サロン・ド・シンメトリーたかせい「リフレクソロジースクール」のご案内

ご協力下さい!↓
にほんブログ村 健康ブログ リフレクソロジーへ

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。