スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月の休業日のお知らせと、肝臓についてのいろいろ

今月の休業日のご案内をさせていただきます。

8月12日(日)~8月19日(日)、22日(水)

リフレッシュとレベルアップのため、丸々一週間のお休みをいただきます。
お盆明けの不調は、20日より承ります。

お盆までに不調を良くしたい方は、今日、明日、あさってと
まだ空きがありますので、ぜひともお電話をください。
0277-40-2611


さて、ホームページをリニューアルして、ある方から
さっそくご予約のお電話をいただきました。
色々な症状がある、とのことで心身調整をお受けいただきました。
今回はその方の症状の出方が、とても興味深かったのでシェアします。

主訴(一番治したい症状)は右の肩甲骨あたりの痛み。
首の右側と、右の手首、後頭部にも痛みがある、とのこと。

これは、と思い色々と検査をしていくと、ある一つの場所が
原因で症状が出ていると判断できました。

それは…肝臓。

特に右側の肩甲骨あたりの痛みは、肝臓が疲れている方のティピカルな
症状の出方です。
左側の肩甲骨だと、心臓かすい臓の不調である場合が多いです。

肩甲骨が痛い、と言っておいでくださる方は結構いらっしゃいます。
しかし、痛みを発しているのは肩甲骨ではなく、胸椎の横突起、
胸椎と肋骨の関節部(肋横関節)であることがほとんどです。

背骨と臓器には密接な相関関係があります。
背骨を整えると、臓器の不調が軽減されますし、
臓器そのものを調整しても、背骨が整います。

今回は主に肝臓そのものを調整しました。

調整すると、ほとんどの痛みは消失した、とのこと。

施術後、ちょっとお話をしていると、
「いつもお腹を下しているんですよ~」とおっしゃていました。

トイレに行くたびにお腹を下す、という方は、大腸だけでなく、
これまた肝臓の疲れが原因で起こることも珍しくありません。

その場合、油ものの摂りすぎも考えられます。

脂肪分の分解をする胆汁は、十二指腸を通過するときに胆のうから
分泌されます。
胆汁を出すのは胆のうですが、胆汁をつくるのは肝臓です。

毎回お腹を下している方は、ヘルシーな食事を心がけ、
量を少なくしてみると改善される場合があります。

肝臓が悪い、というと、お酒の飲みすぎが原因、と考えられがちですが、
実際にはもっと複雑だったりします。

臓器から発せられる身体のSOS。
心配な方は当院へ、ぜひ。

群馬県桐生市のリフレクソロジー・整体院”サロン ド シンメトリー たかせい
サロン・ド・シンメトリーたかせい「リフレクソロジースクール」のご案内
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。