スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タウンわたらせ

私の寄稿した文章がタウンわたらせに載りました。

タウンわたらせは桐生タイムス社が週に一度
桐生市やみどり市を中心に配布している情報誌です。

くらしの随筆というコーナーがあり、このコーナーは
市内外の老若男女あらゆる職業の人たちが日々の生活の
様子や趣味、職業などに関して4稿にわたって
紹介していくものであり、私は整体サロンの院長として
『体の神秘』と題して寄稿させていただきました。

通常くらしの随筆は原稿用紙2枚、つまり800文字程度で
まとめるそうなのですが、このブログをちょくちょく
チェックしている賢明な読者の皆様にはご存じの通り、
私は文章を短く編集する能力に長けていないので、
800文字を大幅に上回る1200文字以上、原稿用紙3枚に
相当する分量の文章を、タウンわたらせの担当者(中村さん)が
「渋い顔してチェックするんだろうな~」と想像しつつ(冗談です)も
書き上げ、掲載させていただきました。

最後の4稿目まで、この分量の文章が載ります。
通常の1.3倍のボリュームにもかかわらず、
伝えたいことはまだまだ伝えきれません。

というのは、「整体」という言葉の裏には
ギューギュー押したり、グイグイ揉んだり
ボキボキ鳴らしたりして体のゆがみをなくす、
気持ちいいか痛いかどちらかの身体感覚を伴うもの、
というイメージが潜んでいるからです。

しかしながら、その方法論が先行するばかりで
「整体」というものの概念は置き去りにされているのでは
ないか、と私は仕事をする中で普段から感じており、
私なりに整体というものの前提となる人体に関しての考え方を
紹介させていただきました。

先月から来院されているクライアントさんがこんなことを
おっしゃってました。
「こういう整体もあるんですね~」

はじめに補足しておくと、この方は他の整体院で
施術をお受けになったあと、脚や腕にあざが残り、
足首が腫れ上がって痛くなったとのこと。
この方が「整体にいってみよう」と思った動機は
めまいがしてイスから起き上がれないという症状が
出たからなのですが、我が院においでくださったときは
「首が腫れ上がり、左半身がおかしい」とのこと。
主訴(症状)がたくさんある状態でした。

つまり、
この方は「整体らしい整体」をお受けのあとだったので
私のする施術―必要な場所を必要なだけ調整する整体―は
整体っぽくないと感じたのでしょう。
「整体っぽい整体」をお受けになったことで
最初の症状に上乗せする形で他の症状が出てきたので、
まずはそれを適切に処理することから始め、一回目は
それだけに終始しました。

本題は2回目の施術のとき。
少しお話を聞かせていただいて、ふと聞いてみようと思いました。

「あなたとお父さんとの関係を教えていただいてもよろしいですか?」

こんなことを聞く整体院は群馬県内においては私のところしか
ないと思うのですが(笑)、これが効果大でした。

この方が最初に起こした症状は、おそらく大きなストレスが
引き起こしていたものだったのです。
その施術が終わると痛みを全く感じない状態になったので
きっとそういうことなのだと思います。

そしてそのときこの方から出た言葉が
「こういう整体もあるんですね~」

「ゆがみを直せば体も治る」
ということは一概には言えません。
ゆがみを直すところに行ったら、このクライアントさんのように
余計に悪くなることもあります。

結局「人体をどうとらえるか」ということが
重要なのかもしれません。
タウンわたらせでも書きましたが、人体を
顔や腰や心臓や膀胱などが独立して存在している
「部分の集合体」としてとらえているのではなく、
顔も腰も心臓も膀胱も関係し合い干渉し合う
「システム」としてとらえてみると違った見方が
できるということを私はお伝えしたいのです。

今回の寄稿はもしかすると医療関係者や他の治療院に
ケンカを売る形になるかもしれません。
「ありえない」「嘘だ」「うさんくさい」など
思われるかもしれませんし、多くの方の支持を
得ることができないかもしれません。

しかしながら、
どこに行っても良くならず絶望している腰痛持ちの方や、
会議やプレゼンの前になると必ず首が痛み出す方や、
お医者さんから「どこも悪くないですよ」と言われているのに
体の調子がおかしい方などの助けになれるよう、
4月で開院から3年がたつ当院のこれからは、
「伝える」ということを積極的に行っていこうと思います。

今回、市民の皆様に私の信念を伝えるチャンスをくださった
才色兼備の中村さんをはじめタウンわたらせ編集室の皆様、
いつもながら、ありがとうございます。
近いうちに広告も出したいと思いますので
これからもよろしくお願いいたします(笑)。

群馬県桐生市のリフレクソロジー・整体院”サロン ド シンメトリー たかせい
サロン・ド・シンメトリーたかせい「リフレクソロジースクール」のご案内

ご協力下さい!↓
にほんブログ村 健康ブログ リフレクソロジーへ

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

No title

院長、5期ではお世話になりました。わたらせの記事、読みましたよ。今回の分は院長の伝えたいことのほんの一部で今後も連載されるというので楽しみです。結婚されて心機一転、でも、2人は知り合って長い春だったと聞いていますから実質は変わらないで、けじめを付けたというとこですね。今後も活躍期待しています。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。