スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座敷わらしはどこだ

長いお盆休みをいただきました。

兵庫は遠かった。
車で片道12時間以上、ケガもなく病気もなく
愛車も無傷で帰ってくることができました。

家庭の用事で兵庫の鳥取寄りの端っこまでいってきたのですが、
実はもっと遠くまで足をのばしました。

米子・・・知る人ぞ知る妖怪の街です。

妖怪の街、というのは、米子に住んでいる人が皆妖怪ということではなく、
「ゲゲゲの鬼太郎」で有名な世界一の妖怪の権威、
水木しげる大先生の出身地、ということです。
妖怪ロードという妖怪の像がたち並ぶ道もあります。
いけなかったケド><

そしてどんな目的を伴っていったかというと、
一つは友達に会うため、
もう一つは、その日たまたまツアーで米子をまわることになっている
妖怪ヘヴィメタルバンド・陰陽座のライブを観るためです。

もっとも、その友達に会うのは初めてなのです。
「え?初めてなのに友達?」と思われるでしょう。
インターネット上で一年くらい前に知り合いまして、
今回初めてリアルで会えたという(笑)。
ワインごちそうさま!

妖怪ヘヴィメタルバンド・陰陽座(おんみょうざ、と読む)は
私たち夫婦が大好きなバンドの一つで、
ライブに参加するのはもう8回目くらいです。
激しいヘヴィメタルをバックに、妖怪についてのことを日本の古語で歌い、
かといってコミックバンドでなく、正真正銘の一級エンターテイメントとして
成立されられる実力のあるバンドです。
歌、うますぎ。
私は「ひょうすべ」という曲が好きです。ひょんひょん!
(ファンでないとわからないw)

本州の半分くらいを旅して思ったこと。
「日本て山ばっかり」

関東平野に住んでいるとついうっかり忘れてしまうのですが
日本の7割は山なんですよね。

妖怪というものは、昔の日本人の自然への畏敬の念が
擬人化されたものだという話を聞いたことがあります。
どこまでも続く山の中に山姥や雪女がいたりしても
(ヤマンバは渋谷にもいますけどw)
不思議ではないな~と思いました。

私の母が山奥で猫娘を見たことがある、と自慢(?)していました。
若いころに友人とドライブをしていたときに見たらしいのですが、
その猫娘は身体は人間と同じで、丈の短い着物を着ていて、
顔は猫だったそうです。
驚いた母は友人たちに「いま猫娘がいたよね!?」と聞いてみると、
友人たちは口をそろえて「普通の猫ならいたけど・・・」。

母方の家系は霊感が強いらしく、叔父もいとこも交通事故で
三途の川を見たことがあるらしいです。
あっち側に渡らなかったのでまだ生きていますが(笑)。

そもそもお盆というものは、あの世の住人の魂が
一時的にこの世に戻ってくるのを迎える、という期間。
「先生、幽霊とか連れて帰ってこないでくださいね!」と
あるクライアントに言われたのですが、
どう対処しろっちゅうねん(笑)。

とりあえず三途の川を見るようなことはなく、
安全に、のほほんと、旅をして参りました。
死者の魂を連れて帰ってきたかどうかはわからない。
座敷わらしなら連れて帰りたかったけどw

群馬県桐生市のリフレクソロジー・整体院”サロン ド シンメトリー たかせい
サロン・ド・シンメトリーたかせい「リフレクソロジースクール」のご案内

ご協力下さい!↓
にほんブログ村 健康ブログ リフレクソロジーへ

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。